Entries RSS Comments RSS

Archive for the ‘生理痛や不妊症が直る’ Category

不妊症原因のほかに、不妊症チェック診断検査も必要

土曜日, 2月 18th, 2012

不妊症原因のほかに、不妊症チェック診断検査も必要です。

子宮壁に発生した内膜症のために、卵管の子宮筋層内にある部分(子宮同質部)が圧迫されて、二重閉塞しているように見えるケースが増えているそうです。

こうした症例で、ほかにも内膜症を疑わせる所見があるにもかかわらず、不妊症チェック診断検査が精確でないために「回復不能の卵管閉鎖」と診断されていることがあります。

この場合、内膜症の治療薬の服用で卵管の通通性が回復し、妊娠に至る例が少なくありません。このほか、以前に受けた開腹手術や頻回の体外受精が卵管障害の原因となっていることがあります。

40歳過ぎても不妊治療して妊娠できるかという問題はつらいです。

高齢女性の妊娠は十分気を付けなければいけません

木曜日, 11月 3rd, 2011

高齢女性の妊娠は十分気を付けなければいけません。

ある調査によると、50歳の女性の90%以上がなお排卵していますが、この年齢で排卵される卵子の年齢は女性の年齢と同等の五十歳のから、老化がいちじるしく、たとえ受精しても分娩まで発育している事は珍しいです。

高齢女性の卵子は卵巣内にあるときすでに老化に向かっているので、排卵後の老化速度も早いのです。

なので、高齢になって妊娠を希望している時は、性交のタイミングにいっそうの注意を払い、これによってちょっとでも高齢のハンディキャップを埋め合わせるほかに道はないのです。

譚定長の不妊解消【妊娠成功ガイドブック】

妊娠が成立したことを知るにはどう検査したらよいでしょう。昔はおなかが大きくなって胎児の心音を開いたり、胎動を触知していました。

今はほとんどの場合、hCGが分泌されているか否かをみています。具体的には、患者さんの尿を一滴、試験紙のような測定キットにたらし、数分間待つだけです。

プラスと出れば妊娠、マイナスなら妊娠していません。この妊娠反応は鋭敏で、ほとんどの場合、一四日目には結果がわかります。

つまり、次の月経がくる前に妊娠したかどうかがわかるのです。

女性は生理痛で攻撃的になる

日曜日, 10月 30th, 2011

女性(メス)は受胎して身ごもってしまえば、父親以外のオスには用はありません。

事によっては、父親のオスさえも妊娠なかにはいらないかもしれません。そうしていると、自分以外の全てが敵になるわけです。

当然他のメスもライバルですから、仲良くしている必要はない。
女性たちと会っていると、この生理前の時期というのはやはり人間も動物的になるのだな、と感じさせられます。

その前の時期に比較すると攻撃的になったりしている人がいるからです。

というのは、プロゲステロンが出るのは生理の二週間前、排卵があったあとだからですが、この時期は動物であれば交尾して、受胎するはずの時期です。

続木和子の【14日間集中!生理痛・子宮内膜症改善 通信講座】

子宮に異常や病気がある生理痛・・

過少月経の原因には、子宮が十分に発育していない子宮発育不全や、子宮内膜が癒着してしまうアッシヤーマン症候群などが考えられます。

子宮発育不全の場合は、原因に無月経や卵巣の機能不全があれば、その治療をしますが、それ以外は、とくに妊娠しにくいということもないようなので、特別な治療はしないでようすを見るのがふつうです。