Entries RSS Comments RSS

Archive for the ‘犬のしつけで問題行動も直る!’ Category

トイプードル 育て方で犬しつけトイレと社交性をはぐくむ中で重要なのは

水曜日, 3月 14th, 2012

トイプードル 育て方で社交性をはぐくむ中で重要なのは、それぞれの出会いを肯定的なものにすることで、静かに受け入れられたらトイプードル犬にごほうびを与えたり褒めたりしましょう。

失敗は避けるようにしますが、もしうまくいかなかったら馴染んでいく段階をひとつ戻します。トイプードル 育て方で最近は、犬をいろいろな音に慣らすためのCDがいくつもあります。

そのなかには雷鳴や花火の音もあり、音量を変えてトイプードル犬に聞かせることもできます。よい結果を得るためには、CDの取り扱い説明書をよく読み、そのとおりにしてください。

犬 しつけ 用品の選定に注意です。
犬 しつけ トイレは間違うと悪い癖が付いて大変です。

犬しつけを成功させたいと願うなら

月曜日, 1月 9th, 2012

犬しつけでは、どの場合でもいえることは、人間がきちんと理解をもって、真剣に「しつけ」に取り組まなければ犬は覚えません。

手を抜けばそれなりの結果を出してきます。

犬しつけを成功させたいと願うなら、犬が理解しやすい環境を整えてあげ、さまざまなハプニングに出会っても慌てずに対処しましょう。

順調になど進むことが珍しいと考えることも大切なことです。何回か紆余曲折を繰り返しながら、いつの日か覚えてしまうものですから、けっして短気を起こさずに落ちついて対処していくことです。

失敗をした時には面倒くさがらずに、必ずスタート時点に戻ることを忘れないようにしましょう。

失敗をそのままにしておくことにより、犬はしつけられたことを全て忘れて、いつしかだらしなくなっていきますので充分注意することです。

 

犬のしつけトイレで大切なお話

水曜日, 12月 28th, 2011

犬のしつけトイレで大切なお話です。

例えばブリーダーやショップで元の飼育方法は室内で排泄をさせていたが、外でさせるようにしたいという場合は、とりあえず家庭環境に慣れるまで、以前と同じようにして排泄をさせます。

犬が生活に慣れてきましたら、排泄した紙、もしくはトイレシーツ(臭いのついている)を庭に置いておきます。犬が室内でソワソワしてトイレを探し始めたら、庭に置いた紙のそばに放してあげます。

知らん顔をして無視をしていなければいけませんが、物陰からそっと見守り、排泄をするまでとにかくそのままにしておきます。

犬のしつけトイレでは、もしも、人がいないと不安になるような犬なら、「そこでしていいのよ」とでも優しく声をかけてそばにいてあげます。

 

チワワ 飼い方で犬がエサを食べない時は

火曜日, 12月 20th, 2011

犬がエサを食べない時は、飼い主さんは不安になりますね。

投薬や処置を受けるとき、たとえ処置が少々痛かったり、薬がまずかったりしても、非常に静かにリラックスしてそれを受け入れる犬もいます。

一方、慣れない処置には抵抗する犬もいます。そのような犬は、どのような種類のものであれ軽く保定されたり未知の処置に遭遇すると怯える傾向があります。

怯えた犬は、薬ビンや軟膏のチューブを一目見ただけで逃げ出したり、隠れようとします。ひどく怯えていたり、脅されているように感じると、犬は咬みつこうとします。

チワワ 飼い方・育て方・しつけ方を解説!

犬のしつけ簡易口輪をつける必要があるとき

月曜日, 9月 19th, 2011

犬のしつけ不足や犬がパニック状態になっていて、近づこうとする人に咬みつこうとするなら、簡易口輪をつける必要があります。

ストッキング、ネクタイ、軟らかいロープ、細長く切ったガーゼなど、軟らかな素材の長いひも状のものならどんなものでも間に合います。

一人で口輪をつけるのは難しいので、誰かに手伝ってもらうことです。一人が後ろから犬をしっかりと保持し、もう一人が、布を犬の鼻の周りにしっかりと巻きつけ、顎の下で交差させて耳の後ろへもっていき、そこでしっかりと結びます。

口輪がゆるいと咬みつくことができるので、口輪はきつく締めつける必要があります。犬は口輪をつけていても鼻から呼吸ができます。

吠える犬のしつけ