Entries RSS Comments RSS

Archive for the ‘家庭問題によるこじれは直る’ Category

恋愛では「やさしくして」でなく「もっと電話をかけて」と頼もう

水曜日, 2月 12th, 2014

思い込みが強い恋愛は飽きられた方がいいとか、すぐにやめた方がいいと言っているわけではありません。

ほれっぽい人に限らず、私たちの恋愛には、この「勝手な思い込み」というのが必ずあります。それがなければ、そもそも恋愛は始まりません。

だから、ノートに書いてみると、意外なほど証拠が見つからないものです。私たちは、心のどこかで相手を自分の理想に合わせて、「私が好きになるのももっともだ」と合理化しているのでしょう。

復縁したい・夫婦仲修復・よりを戻す方法とは!

しかも、証拠が見つからなかったら、証拠をつくり出せばいいだけの話です。まずは、「やさしいところが好き」だったら、毎日電話をくれる、グチを聞いてくれる、私が疲れていないか常に気を使ってくれる、のように、具体的に証拠として残せるような行動に置き換えて書き出してみましょう。

そして、それを、相手に「もっとこうしてはしいんだけど」と素直に伝えるのです。

ただ単に「やさしくして」と言うだけでは、漠然としすぎていて、相手もどうしたらいいかわからず、あなたの思うようにはなかなかなりません。

でも、具体的に頼めば、どうしたらいいかがすぐわかるので、相手がその通りにしてくれる確率が驚くほど高まるのです。

そうすれば、勝手な思い込みで始まったあなたの期待も、結果として実現することになり、「理想と違っていた」と相手に幻滅することがなくなるのです。

彼氏のいる女を自分の女にする方法【略奪愛Real Strategy】

一目ぼれをしやすい人は、「証拠」を見つけるクセをつけること。そして、証拠がなかったら、相手にお願いすることで、その証拠をつくり出すように心がけることです。

復縁 占いばかり気にしていないで復縁 メールなどを前向きに研究

金曜日, 1月 10th, 2014

復縁 占いばかり気にしていないで、復縁 メールなどを前向きに研究しましょう。

「内面的な話」をたくさんすると良いです。

今の風潮からして、色んな話を面と向かって話し合うのは恥ずかしいという人もいるでしょうから、最初は電話や手紙、復縁 メールを使うのもいいと思います。

とにかく、深い心のつながりが得られるよう、自分の内面を相手に知ってもらう努力、復縁 占いで相手の内面を知る努力は欠かさないようにしましょう。

「あなたはどんなときが一番幸せ?」など、相手の内面を知るための質問も大切です。

復縁男性版【7つのステップでもう一度好きにさせる方法】

自分から心を開く、三つのステップ

「いつまでたっても恋人との心の距離が縮まらない」恋愛パターンを抜け出すためのポイントを紹介します。

これは、すべての人間関係において大切なことですから、ぜひ覚えておいてください。

初めから自分の本当の姿を隠さないこと

A子さんは、色白でほっそりしていて、清楚な顔立ち。ですから、「おしとやか」という印象を与えやすいのです。本人も、それによく気づいています。

「私が「おしとやか」だって期待してくる人が多いように思えます。本当はそんなことぜんぜんないのに。結構、気が強いんですよ。でも、私がちょっとでも怒ったそぶりを見せると、『意外だ』みたいな顔されるから、それ以上言えなくなってしまうんです。そして、相手の期待に沿おうとするから、本当の自分が出せないんじゃないでしょうか」

その通りです。初めに自分の本当の姿を隠して、相手の期待通りにふるまってしまうと、あとになっても引っ込みがつかなくなります。「彼(彼女)は、これが私の本当の姿だと思っている。こんなことなら、初めから本当の姿を見せておけば……」というところでした。

初めは相手から好かれようと思ってとった行動が、時間がたつにつれて、だんだんあなたを苦しめるようになります。

その結果、あなたはいつまでも演技せざるを得ず、本当の意味での親密な関係が築けないのです。

ですから、初めからわざと自分の本当の姿を出すように意識しましょう。A子さんのように、外見から特定の印象を与えやすい人は特に、です。たとえば、「私ってこう見えても、結構、気が強いのよ」などと自分から宣言したり、そぶりで相手に伝えるといいでしょう。

離婚裁判 慰謝料を取ると同時に離婚 財産分与も勝ち取らないと

木曜日, 11月 29th, 2012

離婚裁判 慰謝料をしっかり取ると同時に、離婚 財産分与も勝ち取らないといけません。この二つは全く別のものですので、それぞれ調停や裁判で争います。

離婚 財産分与というのは、本来は婚姻中にお互いが築いた財産を精算することですが、財産分与が意味する範囲はたいへんに広く、法律的に認められている財産分与の性質は次のように考えられています。

・精算的財産分与(婚姻中の共有財産、実質的共有財産の精算)
・扶養的財産分与(離婚後の弱者に対する扶養)
・慰謝料的財産分与(離婚による慰謝料)
・過去の婚姻費用の精算

離婚裁判 慰謝料の他に、こんなにも請求する権利があるんですね。もちろん子供の親権も取れば養育費も請求できます。